症状・治療

 
  1. 箇条書き項目当院で治療を行っている主な病気

・適応障害

明らかなストレスがあり、不安、気分の落ち込み、不眠、食欲不振、体調不良などが生

じます。

・不安障害(パニック障害、強迫性障害など)

突然発作的に不安、動悸、めまい、息切れなどの症状が起こる、漠然とした不安感や何かへの恐怖感が続く、こだわりから不安になるなどします。

・身体表現性障害(自律神経失調症など)

検査で異常が見つからない、あるいは治療を受けても治らない痛み、しびれ、めまい、

ふらつきなどのさまざまな体の症状に悩まされます。

・うつ病

明らかなストレスがないのに、気分が落ち込む、何事も楽しめないなどの症状が続きま

す。

・発達障害(自閉症、注意欠陥多動性障害など)

コミュニケーションや対人関係がにがて、変化に弱い、落ち着きがない、注意散漫や集

中し過ぎて失敗が多い、感覚過敏などが幼い頃からあり、大人になってから適応障害や

不安障害、うつ病などを引き起こしやすくなることがあります。

  1. 箇条書き項目心療内科・精神科の治療について

・医師は無理に聞きだそうとはしません

ご本人の意思や主体性を尊重し、少しずつ信頼関係を築きながら治療を進めます。病状

と無関係の悩み事相談や人生相談については医療の対象とはならないため行いません。

・薬物療法と精神療法で徐々に治していきます

治療は薬の内服が中心ですが、訴えを傾聴し、支えながら治療します。なお、診察時間

は医療制度の都合上、初回を除き5分程度なので、あらかじめ話したいことをまとめて

おきましょう。

・治療は数ヶ月間かかります

治療期間は、病気によってさまざまですが、身体の病気に比べて長期間かかります。

・診察で知ったプライバシーは守られます

診察時に話された内容をご本人の了承なしに外部に漏らすことはありません。ご家族で

あっても、緊急時を除いて伝えることはありません。

・心療内科・精神科の医療機関にはそれぞれ特徴があります

『診療所(クリニック)』は身近な場所で、ご自身の病状を理解できる軽症の方を対象

として、曜日にかかわらず同じ医師が診療を行います。

『精神科病院』はご自身で病状を理解できないなど重症の方や日常生活に支援の必要な

方にも対応することができ、入院治療や救急対応も行なっています。

『総合病院精神科』は身体と精神の病気を併せて診てもらうことができます。

『カウンセリングサービス』は医療機関ではない個人や民間団体、企業などが行う心理

相談です。薬物療法は行わず、臨床心理士などの専門家が相談、助言を行います。